水中動画撮影のGoPro11の設定について

Goproの設定ついて
この記事は、2023年6月現在のGoproの水中動画の設定について書いた記事です。

水中動画をブレずに綺麗に撮りたい

私は水中動画をきれいに撮りたいという思いから、過去GoPromax・Qoocam360度カメラ・GoPro9・GoPro10GoPro・GoPro11と渡り歩いてきました。GoProはその驚異的なブレ補正とコンパクトなサイズであることと、手入れも簡単であることからワイド派動画派のダイバーは必需品かと思います。

ですが水中のGoProの設定について、日本語の情報をあまり見かけません。私は外国の方のyoutube等で情報を集めました。私個人のオススメ設定を公開したいと思います。私自身まだまだ勉強中の段階なので、参考程度にしていただけますと幸いです。

陸上ではなくて水中のGoproの設定

この記事の内容
  • GoProはこの設定で綺麗な動画が撮れる!【あとはライトの光量次第】
  • 水中で動画のGoProの設定について2つのスクショ
  • 〜この設定でなんとかなります!あとはGoProの弱点である暗所での光量を明るいライトでカバーする事が大事です♪

    setting1

    1番悩むGoProの画質とフレームレートの設定

    RES|FPS 2K|120 4K|60 の2つを使い分けています。

    通常は4K60フレームで撮影し、被写体が動かないスローモーションで撮りたいクマノミなどは2K120フレームがいいかと思います。

    画質として4K以上は必要ないと思います。フレームレートは4K120フレームも試しましたが、動画自体がかなり重くなってしまい、携帯電話へのダウンロードやiPhoneの動画の編集で、かなりの時間とメモリーを使ってしまいますのであまりおすすめできません。本当に綺麗なポイントや絶対に嫌いに取りたい!みたいな時は4K120でいいかもしれませんが、普段使いは4K60フレームが妥当かと思います。

    1番悩むフレームレートですが、私はInstagramやホームページに綺麗な動画を投稿したいので、GoProを縦にして水中動画撮影しています。基本的には縦でも横でもフレームレートは60で良いかと思いますが、後でスローモーションで編集を加えたい場合は120がいいと思います。

    水中でもぶらさずに撮影

    レンズ リニア+HL

    HyperSmooth AutoBoost

    水中はリニアでハイパースムーズがいらないという方もいるかと思いますが、私はこの設定でぶれずに撮影できています。gopro11電池のになってからさらにブレがなくなるAutoBoostにしています。電池の消費が気になる方もいるかもしれませんが、最新のGoProでEnduroバッテリーならかなり長持ちします。私はEnduroバッテリー2つで3ダイブ十分足りています。

    スケジュールキャプチャー オフ

    時間 5分

    HindSight オフ

    setting2

    タイマー オフ

    ズーム 1.0×

    10ビット オン

    ビットレート 高

    シャッター 自動

    setting3

    EV値 0.0 ←更新 2023.2

    ホワイトバランス 基本的に自動

    ISO最小 100

    ISO最大 800 ←更新2023.2

    シャープネス 高 ←更新2023.2

    カラー ビビット ←更新2023.6

    setting4

    RAWオーディオ オフ

    ウインド 自動

    メディアモジェラー カメラのマイク

    色補正についてはGoProで撮影し、色は基本的に全く調整していません。青負けしないようにオレンジフィルターを通しています。←更新 2023.6 Gopro11になってから飛躍的に深いところでも青負けしなくなりました。よって現在はオレンジフィルターはしようしていません INONワイドレンズにみです。

    また、GoProは逆光では暗くなってしまい、いい動画はとれません。さらに15m以上の深場や洞窟などの暗所にも弱いので水中ライトがないと、暗いところではホワイトバランスを調整しても何も映りません。なので浅場の光が入るところはいいのですが、深場の撮影は水中ライトが非常に重要です。

    最後に1番大事な水中ワイドレンズ

    ワイドレンズが全ての動画を広角に映し出す

    設定も完璧!フィルターも装備して青被り対策もできた!あれ、でもなんか違うぞ?

    そうです、最後のパーツはワイドレンズです!ワイドレンズは全ての動画をプロ仕様に変えてくれます。GoProにハウジングだけ装着だと、被写体から30cmほど話さないといけないですが、ワイドレンズを装着すると3cmまで寄っても綺麗に撮れます。ウミガメの顔のアップや小さい被写体もGoProで寄れる生物ならかなり綺麗に水中動画が撮影できます。

    水中動画をブレずに綺麗に撮りたい

    設定とオレンジフィルターとワイドに照らせるライトと、最後のパーツINONのワイドレンズとを装備することによって、GoProがNHKで深夜流れる慶良間諸島のムービーに引けを取らない動画が撮影できます♪いかがでしたでしょうか?他に皆様のこういう設定もいいよというのがありましたら、たくさんのご意見を頂けますと幸いです!

    ワイドレンズとgoproハウジング

    ダイビングのGoProの水中動画のお勧めアクセサリー

    2021-12-20

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です