水中の絶景柱状節理!北海道美国【人気NO.1ダイビングポイント】

ワイド好きの方にお勧め
この記事では北海道の人気NO.1ポイント積丹郡美国のスキューバダイビングでみる柱状節理についてまとめました。人の手によって作り出されたのではなく自然が作り出した光景です。ポイント名は【ビアノ岬の隠れ根】です。水中動画はGoPro10にINONのワイドレンズを装着し、水中写真はオリンパスのTough TG-6で撮影しました。
Columnar joint

2022.9.11 tg6撮影 ビアノ岬の隠れ根

🔰基本情報

柱状節理は人工物ではなくて自然にできたものです。空気に触れる状態で、溶岩やマグマは冷えて固まるとき少しだけ体積が小さくなって縮みます。 冷えていく溶岩やマグマ全体が縮むときに5角形や6角形の柱状の割れ目ができます。 これを柱状節理(ちゅうじょうせつり)といいます。北海道ダイビングでは美国の柱状節理がワイドポイントとして人気No.1です。この柱みたいなものは人工的に作られたものではなくて、自然が陸上で作り出したもでさらにそれが海中にあるのだから驚きです️。偶然が重なりさらにそれが本当にスケールが大きすぎてビックリしました。

自然が作り出した不思議な光景

ビアノ岬の隠れ根 柱状節理北海道ダイビング

ビアノ岬の隠れ根 柱状節理北海道ダイビング【編集済み無音】

🤿マメ知識

船が出航する場所は北海道積丹郡積丹町美国町の美国港から出航して10分程のポイントになります。現地集合かロビンソンダイビングサービスさんなら札幌近郊から送迎でのダイビングが可能です。

水中の柱状節理に到着したダイバーたち

北海道のダイイングで水中の柱状節理に到着したダイバー達【編集済み無音】

柱状節理を側面から

柱状節理の側面を楽しむダイバー達

水中の柱状節理の側面を楽しむダイバー達【編集済み無音】

柱状節理の側面は規則正しい柱が立っていて本当にに不思議

水中の柱状節理の側面は規則正しい柱が立っていて本当に不思議【編集済み無音】

📸水中撮影

tg6だとワイドレンズがあれば全体が映る感じですがとにかく全体を捉えるのが難しいほど大きいスケールです。人(ダイバー)を被写体に入れることがポイントです。スケールの大きさが分かりやすくなります。柱状節理全体を引きで写真を取ると、ワイド感は出ますが透明度は30mもありません。1番深い底の22mから撮ると柱状節理のトップまでしっかり撮れなかったです。中層から引きでとにかくダイバーを被写体に入れて撮るのが良い気がします。行きはダイバーを被写体にしながら引きながら撮って、帰りは柱状節理に近い距離で撮るのがいいかもですね。

Columnar joint

柱状節理のポイントの一番深いところで22m程

水中の柱状節理を下から見上げる

ダイビング中に水中の柱状節理を下から見上げる【編集済み無音】
Columnar joint

⚠️注意事項

流れがある時もあるのでエントリーからポイントまで潜降するまでには特に注意が必要です。常連の方々やベテランの方々も表層に流れがある時にロープまでたどり着けず流される事もあるとの事。全員潜降(せんこう)ロープまでいち早く移動して、全員ロープで耳抜きをしながら潜降してロープ先の底で集合です。

表層に流れがあるので必ず潜降ロープで潜降を

水中の柱状節理を見終えて安全停止をするまで

ダイビングで水中の柱状節理を見終えて安全停止をするまで【編集済み無音】

🔰基本情報

北海道の柱状節理にも生物はいます。代表的でどこにでも群れているエゾメバル、ヒラメ、アイナメ、クロソイなど😍また可愛いフサギンポもこのポイントで観察できます

北海道の生物たち

水中の柱状節理に生息する生物達

北海道の水中の柱状節理に生息する生物達【編集済み無音】

柱状節理とダイバー達

絵になる水中の柱状節理とダイバー達【編集済み無音】

Instagramで1万回まわってバズッた水中の柱状節理

Instagramで1万回まわってバズった水中の柱状節理【編集済み無音】
Columnar joint

北海道の柱状節理でダイビングしたい!もっと詳しく知りたい!

茂野優太さんの北海道積丹のダイビングのYouTube 茂野優太さんの北海道積丹ダイビングのブログ 今回お世話になった札幌近郊から送迎でダイビングが楽しめるダイビングショップロビンソンダイビングサービス

最後に
いかがでしたでしょうか?陸上で固まった溶岩を、水中で見る事で、陸上とはまた違った光景になり、感動するのは間違いないです。北海道のダイビングを経験したことがない方はお勧めです。
鮭の遡上

鮭【さけ・サケ・しゃけ】の遡上(そじょう)感動のサーモンラン!

2022-11-26
Columnar joint

水中の柱状節理キャニオン【Canyon】 北海道ダイビング幌武意(ほろむい)

2022-11-26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です